ホワイトニングとは

ホワイトニングとは1989年に米国で実用化された技術です。
ホワイトニングは歯の表面に付着した色素を取り除き、歯の中の色素を分解することで歯を綺麗にします。
この技術が出るまでは、歯を白くするには歯を削ってセラミックを被せることが行われてきました。
ホワイトニングの登場により、歯の表面を傷つけることなく、歯を残して白くすることが可能になりました。
以前はホワイトニングを、ブリーチングと呼んでいましたが、ブリーチと聞くと強力な薬品を使用して漂白するイメージがあります。
この理由から、1990年初頭に米国メーカーの発案により、ホワイトニングと呼ばれるようになり、現在に至っています。
ホワイトニングには、歯医者で行われるオフィスホワイトニングと自宅で行うホームホワイトニングがあります。
オフィスホワイトニングは歯の表面の汚れを除去後、ホワイトニング剤を歯の表面に塗ります。
これにハロゲンライト、プラズマライトを照射し、このホワイトニング剤を活性化させ、歯の中にある色素を分解します。
ホームホワイトニングは、マウスピースを作り、その中に数時間ホワイトニング剤を入れて歯を美しくします。

歯を白くしたい人が選ぶ歯磨き粉5選

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です